若いうちに一度は留学を

留学をしたいと考えるならば、まずは自分がなんで海外に行きたいのか目的をはっきりさせることが一番大切です。なんとなくかっこいいから、成長できそうだから、将来就職に役立ちそうだからという理由しかなければ行かない方がよいでしょう。留学した人を何人も見ていますが、海外でこの勉強をしたい、海外でないと得られない知識を得たいという強い意志がないと折角高いお金を払って留学しても何も身につかなかったというケースが多いです。
とは言っても、若いうちにチャンスがあるならば一度海外で現地人の中に入って生活し勉強するという経験は積んだ方が良いでしょう。特に日本にいると外国人に会うチャンスは少なく、どうしても価値観が狭くなりがちです。
留学をして、多様な価値観に触れコミュニケーションを取る事で、自分の視野が格段に広くなる経験を若い人にはぜひ積んで欲しいと思います。
これは自分の感想ですが、留学をしてから帰国すると心が広くなるように思います。留学前は腹が立っていた出来事でも、世の中色々な人がいるししょうがないなとおおらかな気持ちで接することが出来るようになりました。