留学に必要な英語のスキル

留学にはすくなからず英語の知識が求められますが、最低限必要なのは中学生程度の英文法力とヒアリング能力が求められます。
もちろん初めて留学する人には付き添いの人がついてくれるのである程度のフォローをしてもらえますが、すくなくとも中学生の英文法をしっかりと学ばないとまともな日常会話ができません。

もちろん高校生ぐらいの英文法力もあるにこしたことはないのですが、高校の英文法の知識は中学英文法の知識の延長なので、

留学する際は中学英語を最低限できるようにしておきましょう。

例えば疑問形や助動詞などのcanなどの使い方は留学では必須項目です。

そして先ほど説明したヒアリング能力を鍛えることも重要です。

というのも日本語の周波数と英語の周波数は全く異なっており、日本語の周波数で聞き慣れている我々日本人にとっては、

英語の周波数を聞き取るのは、ある程度の訓練が必要です。
留学先の講師陣は親切に日本人に聞き取りやすいように発音してくれますが、

この先英語で仕事をしていくとなると、英語の音に聞き慣れていないと英語でコミュニケーションをすることができません。

ですので、留学をした際は英語の最低限の文法とヒアリング力を身に付けるように意識しましょう。